楽天で今売れているものは?

退職届けの出し方

退職届けの出し方は特に決まりはありませんが、手渡しを基本とします。人に頼むなどは止めたほうがよいでしょう。

退職届けは直属の上司または社長に退職を申し出て話し合いの場で提出、退職の話し合いの後日に提出する場合などがあげられますが、退職届けの出し方としては「宜しくお願い致します」など一言添え、特にかしこまる事なく自然に手渡せば問題ありませんが、できる限り人に任せず自分の手で上司、社長に渡すようにしましょう。


退職届けの書き方 - livedoor Blog 共通テーマ

退職届けは、基本的には退職を直属の上司または社長に申し出た時に提出します。
上司に伝える内容が相談のレベルであれば、まだ退職届けを持参する必要はありませんが、退職を決断しているのであれば、答えが出ているわけですから慰留があるかないかに関わらず退職届けを持参し提出したほうがよいかと思います。

退職届けの提出時期は民法上は2週間前となっていますが、実際は会社との相談で日を決める事になりますから、退職を申し出て後日持参する事も可能ですが、会社側もビジネスですから後任を準備する必要もあるでしょうし、顧客に影響を及ぼす事もあります。明確な意思を示してほしいと思っているでしょうから、決断しているのであればなるべく早めの提出がよいかと思います。


退職届けの書き方 - livedoor Blog 共通テーマ
退職届けの書き方・退職届けの書式・フォーマット」を訪問頂きありがとうございます。

退職届けをEメールで提出する場合の出し方ですが、手書きの部分がEメールに置き換わると考えてよいでしょう。

退職の意思を上司、社長に伝える部分は、手書きで提出する時と同じです。
その後退職届けを提出しますが、それをEメールで上司、社長に送る形になります。
退職届けは重要文書ですから、Eメールで送る時は自分のメールアドレスをCCに入れて、送信確認をするようにしたほうがよいでしょう。
送信前後にEメールで送る/送った旨を伝える必要もあります。

退職届けをEメールで提出する時の退職届けの書き方については、退職届けの書き方(Eメール)を参考にしてください。

退職届けをEメールで提出する事の可否については、一般的にはあまりよろしくないかと思われます。(→退職届けをEメールで提出する)
社風や就業規則、その時置かれている状態にもよりますので、充分確認し、考えてから提出するようにしましょう。

退職届けの書き方・退職届けの書式・フォーマット」を訪問頂きありがとうございます。

退職届けは、基本的には退職を直属の上司または社長に申し出た時に提出しますが、気を付けなければならないのは、就業規則に退職を申し出る時期、退職届けの提出時期について規則がある場合です。

退職を申し出る時期が遅くなれば、提出する時期も遅くなってしまいます。
民法上は、雇用契約期間に決まりがなければ、2週間前に申し出れば退職可能となっており、また会社側が退職を拒否する事はできないのですが、退職を申し出る時期について就業規則に取り決めがあると、それを話に持ち出される場合があります。会社にもよりますが、1ヶ月〜2ヶ月前に申し出る旨の規則となっている場合が多いようです。
2週間前といっても、それはあくまで法律上の話であって、実際は仕事の引き継ぎや事務手続きなどを考慮して就業規則を決めているはずです。退職時に法律の話を持ち出してしまうと円満退社しにくくなりかねないため、なるべく就業規則に則って退職を申し出て提出するようにしましょう。