楽天で今売れているものは?

トップページ退職届けの書き方退職届けの書き方と記入項目

退職届けの書き方

退職届けの書き方・退職届けの書式・フォーマット」を訪問頂きありがとうございます。

退職届けの書き方・退職届けに記入する項目は以下のようになります。(→退職届けの文章の例文)

・「退職届」と1行目に記入

・1行あけて「私事、」または「私儀、」を書き出しの一番下に記入

退職理由が一身上の都合であれば、どんな退職理由であっても「一身上の都合」とする(但し、場合によっては退職理由を明確にしたほうがよい場合もあります)

退職日を和暦で記入
 自分の中で退職日は決まっているはずなので、どうしても譲れない日であれば先に記入して提出してもよいが、退職を相談した日の後日に退職届けを提出するのであれば、上司または社長と相談して決めた退職日を記入して提出する

・退職届けを提出する日を届出年月日として、1行あけて和暦で記入

・自分の所属部署(例:営業部 営業1課)と氏名を記入
 所属部署と氏名は別の行に記入
 氏名は印鑑と同じ字で記入
 氏名は宛名に書く社長名より下に配置されるように書くとベター

・氏名の下に認印で捺印する

・1行あけて宛名を記入
 宛名は会社名を正式名称で(株式会社も略さない)記入
 次の行に、退職届けを提出する人ではなく社長の氏名を記入
 社長の氏名の上には、正式な役職名(代表取締役社長など)を記入
 社長名の下には、「殿」または「様」を記入

トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔