楽天で今売れているものは?

退職届けの封筒

退職届けを入れる封筒は白封筒を使用します。茶封筒は避けたほうがよいです。

退職届の封筒の大きさは、長形4号程度の縦長の封筒を使用しましょう。
一般的に売られている郵便の封筒より縦が短く、横が長い感じになるかと思います。ご祝儀などを入れる封筒と同じ場所であれば、和紙で作られた白封筒がよく売られていますのでそれを選ぶとよいかと思います。


退職届けの書き方 - livedoor Blog 共通テーマ

退職届けの出し方

退職届けの出し方は特に決まりはありませんが、手渡しを基本とします。人に頼むなどは止めたほうがよいでしょう。

退職届けは直属の上司または社長に退職を申し出て話し合いの場で提出、退職の話し合いの後日に提出する場合などがあげられますが、退職届けの出し方としては「宜しくお願い致します」など一言添え、特にかしこまる事なく自然に手渡せば問題ありませんが、できる限り人に任せず自分の手で上司、社長に渡すようにしましょう。


退職届けの書き方 - livedoor Blog 共通テーマ

退職届けの撤回

退職届けの撤回については、退職願いと異なり退職届けは退職を決定してからの書類という意味合いが大きいため、基本的には撤回はできないとされています。
しかし、退職届けが正式に会社に受理されていなければ可能でしょうし、会社によっても撤回できるかどうかは異なります。
退職届けの提出日や退職日についても、実際の日付ではなく就業規則に合わせて日付を変えるよう会社から依頼される事も普通に存在します。
本当に法律が生きてくるのは、会社ともめた時や会社が退職させてくれない時などが多いです。

もちろん、何よりも退職届けを撤回する事にならないように考えて提出する事が大事ではありますが、場合によってはそういう時もあるでしょうから、無理と諦めずに上司や会社と相談してみるのがよいかと思いますが、あくまで会社に相談を受け入れる姿勢がある場合に限られると思います。


退職届けの書き方 - livedoor Blog 共通テーマ

退職届けの出し方

退職届けは、基本的には退職を直属の上司または社長に申し出た時に提出します。
上司に伝える内容が相談のレベルであれば、まだ退職届けを持参する必要はありませんが、退職を決断しているのであれば、答えが出ているわけですから慰留があるかないかに関わらず退職届けを持参し提出したほうがよいかと思います。

退職届けの提出時期は民法上は2週間前となっていますが、実際は会社との相談で日を決める事になりますから、退職を申し出て後日持参する事も可能ですが、会社側もビジネスですから後任を準備する必要もあるでしょうし、顧客に影響を及ぼす事もあります。明確な意思を示してほしいと思っているでしょうから、決断しているのであればなるべく早めの提出がよいかと思います。


退職届けの書き方 - livedoor Blog 共通テーマ

退職届けの受理

退職届けの書き方・退職届けの書式・フォーマット」を訪問頂きありがとうございます。

退職届けは直属の上司に提出するのが一般的です。
上司が受け取り、了承の意思を示したなら、受理されたと考えてよいでしょう。
受理して頂いたからといって、提出側が受理の証明などを受け取るという事はありません。

受理された退職届けをどのように役員、社長に申請するかはその会社によりますが、上司だけでなく役員、社長に別途提出する必要はありません。